dcsimg

ホーム > 医療従事者の皆さま > 製品を探す > 血行動態モニタリング関連 > スワンガンツ短期ペーシング用カテーテル

スワンガンツ短期ペーシング用カテーテル

臨床医の協力により開発されたスワンガンツカテーテルは、1970年以来、世界各国の臨床現場で広く使用されており、重症患者の術前、術中、そして術後管理に不可欠なモニタリングデバイスとなっております。

スワンガンツ短期ペーシング用カテーテルは一時的な右室心内膜ペーシング用に設計されています。

  • 先端バルーンを膨らませることにより、血流に沿った円滑な挿入が可能です。
  • 経上大静脈挿入用・大腿静脈挿入用カテーテルがあります。
  • カテーテル単体・シースイントロデューサーが入ったキット製品を取り揃えています。
  • ピンコネクター形状はDIN / PIN両タイプがあります。
  • カテーテルと同サイズの5フレンチのシースイントロデューサーを使用いただける製品があります。
販売名 スワンガンツ短期ペーシング用カテーテル
承認番号 15100BZY01045
モデルNo. 詳細はカタログをご覧ください。
サイズ 詳細はカタログをご覧ください。
販売名 スワンガンツ短期ペーシング用カテーテルキット
番号 15600BZY00921
モデルNo. 詳細はカタログをご覧ください。
サイズ 詳細はカタログをご覧ください。

このページに記載された内容は、医療関係者の皆様への情報であり、一般の方が病状の診断・治療の際にご参考にするものではございません。ご自身の適用につきましては、必ず医師にご相談下さい。

ここからのコンテンツは、エドワーズライフサイエンス株式会社の製品やサービスに関する情報を、医療関係者の方にご提供することを目的として作成されており、一般の方への情報提供を目的としたものではありません。どうぞご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

はい いいえ

ここから先は、エドワーズライフサイエンス株式会社が運営しているホームページから離れ、 別のホームページに移動します。


はい いいえ