dcsimg

ホーム > 医療従事者の皆さま > 製品を探す > 血行動態モニタリング関連 > 心拍出量(CO)・1回拍出量(SV) > フロートラック センサー

フロートラック センサー

手術室や集中治療・救急の領域で血行動態管理を行う際に、心拍出量や1回拍出量、輸液反応性などの全身の循環に関する情報をリアルタイムに測定することができます。

血行動態モニタリングの新しいスタンダード

フロートラック センサーは、ビジレオモニターやEV1000クリニカルプラットフォームと併用して既存の動脈圧ラインから得られる圧波形情報に基づいて、連続的に動脈圧心拍出量(APCO)をはじめとする各種フローパラメータを測定できる低侵襲の血行動態モニタリングシステムです。

低侵襲かつ簡便なシステム

  • 既存の動脈ラインのカテーテルにそのまま接続可能。
  • 閉鎖式回路を含む多様なラインナップ。
  • キャリブレーション不要。
  • EV1000を軸とし、プリセップCVオキシメトリーカテーテル、ボリュームビューカテーテルなどと併用し、モニタリング範囲の拡張が可能。

 

フロートラック システムで得られる循環動態パラメータ

CO 心拍出量(Cardiac Output)
心臓が1分間に送り出す血液の量(1回拍出量×心拍数)
CI 心係数(Cardiac Index)
心拍出量÷体表面積で算出する値
SV 1回拍出量(Stroke Volume)
心室が1回の収縮で拍出する量
SVI 1回拍出量係数(Stroke Volume Index)
1回拍出量÷体表面積で算出する値
SVV 1回拍出量変化(Stroke Volume Variation)
1回拍出量の呼吸性変動を変化率(%)で表した値
SVR 体血管抵抗(Systemic Vascular Resistance)
左室の拍出に対する抵抗
SVRI 体血管抵抗係数(Systemic Vascular Resistance Index)
SVR算出時、COの代わりにCIを使用したもの

 

保険医療材料 機能区分

006 体外式連続心拍出量測定用センサー

体外式連続心拍出量測定用センサーは、動脈圧測定のためにすでに留置されている動脈カテーテル等に接続し、そこから得られる動脈圧波形を専用の機器で解析し、新たな手技を加えることなく、連続的に心拍出量を測定出来る専用の血圧トランスデューサーキットである。

体外式連続心拍出量測定用センサーは、心拍出量に加え、1回拍出量及び1回拍出量変化(動脈圧波形の呼吸性変動)を数値化して表示することができる。この数値は輸液反応性(追加輸液をすることにより、心拍出量が増加するかどうか)の指標であり、血行動態管理に幅広く使用されている。

参照:特定保健医療材料ガイドブック 2012年度版
編集 日本医療器材工業会

販売名 フロートラック センサー
認証番号 21700BZY00348
モデルNo. MHD6S,MHD8S,MHD6AZA,MHD6,MHD8,MHD150P,MHD180P
サイズ 詳細はカタログをご覧ください。

このページに記載された内容は、医療関係者の皆様への情報であり、一般の方が病状の診断・治療の際にご参考にするものではございません。ご自身の適用につきましては、必ず医師にご相談下さい。

ここからのコンテンツは、エドワーズライフサイエンス株式会社の製品やサービスに関する情報を、医療関係者の方にご提供することを目的として作成されており、一般の方への情報提供を目的としたものではありません。どうぞご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

はい いいえ

ここから先は、エドワーズライフサイエンス株式会社が運営しているホームページから離れ、 別のホームページに移動します。


はい いいえ