dcsimg

ホーム > 医療従事者の皆さま > 製品を探す > 血行動態モニタリング関連 > 心拍出量(CO)・1回拍出量(SV)

心拍出量(CO)・1回拍出量(SV)

クリアサイトフィンガーカフ/クリアサイトシステム

低侵襲から非侵襲に、リアルタイムで簡便な血行動態モニタリングを実施できます。

詳細はこちら

ヘモスフィア

多様なグラフィックやインターフェースによる画面表示により、患者の生理的状態を直観的かつ客観的に判断することが可能です。視認性や操作性の向上で、より多くの現場ニーズを満たすことを目指します。ヘモスフィアは臨床現場における、より迅速な治療方針の決定をサポートします。

詳細はこちら

フロートラック センサー

クリティカルケアにおいて循環管理を行うさいに、既存の動脈ラインに接続することで、圧波形情報に基づいて、心拍出量や1回拍出量、輸液反応性などの指標を連続的に測定できるモニタリングシステムです。

詳細はこちら

EV1000 クリニカルプラットフォーム

OR、ER / ICUの各臨床現場で幅広く使用できるよう、臨床医の協力のもと設計され、視認性が革新的に向上されたモニターです。

詳細はこちら

ビジレオ モニター

フロートラック センサーおよびプリセップCVオキシメトリーカテーテルなどと併用することで、動脈圧心拍出量(APCO)や、一回拍出量変化(SVV)、中心静脈血酸素飽和度(ScvO2)など、代表的な血行動態パラメータを簡便に測定できます。

詳細はこちら

ビジランスヘモダイナミックモニター

ビジランスヘモダイナミックモニター(VigilanceⅡ)はさまざまな血行動態データをカラーディスプレイで見やすく表示します。

詳細はこちら

スワンガンツ・サーモダイリューション・カテーテル

スワンガンツサーモダイリューションカテーテルは患者さんの血行動態を正確かつ迅速に伝えることができます。その情報を元に適切な処置が可能となります。

詳細はこちら

スワンガンツ・オキシメトリー・サーモダイリューション・カテーテル

オキシメトリーサーモダイリューションカテーテルは混合静脈血酸素飽和度(SvO2)の連続的なモニタリングを可能にします。

詳細はこちら

スワンガンツCCOサーモダイリューション・カテーテル

CCOサーモダイリューション・カテーテルは連続心拍出量(CCO)の測定が可能なカテーテルです。

詳細はこちら

スワンガンツCCO/CEDVサーモダイリューション・カテーテル

CCO/CEDVサーモダイリューションカテーテルは心拍出量(CO)や右室拡張終期容量(RVEDV)・右室駆出率(RVEF)の連続測定を可能にしたカテーテルで、血行動態の変化をさまざまな角度で捉えることができます。

詳細はこちら

閉鎖式注入液供給システムCO-Setプラス

閉鎖式注入液供給システムは注入式熱希釈法による心拍出量測定に際し、室温または冷却した注入液を安定的に供給します。

詳細はこちら

このページに記載された内容は、医療関係者の皆様への情報であり、一般の方が病状の診断・治療の際にご参考にするものではございません。ご自身の適用につきましては、必ず医師にご相談下さい。

ここからのコンテンツは、エドワーズライフサイエンス株式会社の製品やサービスに関する情報を、医療関係者の方にご提供することを目的として作成されており、一般の方への情報提供を目的としたものではありません。どうぞご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

はい いいえ

ここから先は、エドワーズライフサイエンス株式会社が運営しているホームページから離れ、 別のホームページに移動します。


はい いいえ