dcsimg

ホーム > 医療従事者の皆さま > 製品を探す > 弁膜症治療関連 > 人工弁輪 > IMR ETlogixリング

IMR ETlogixリング

従来の左右対称的(Symmetric)デザインの人工弁輪とは異なり、虚血性僧帽弁逆流(IMR)による左右非対称(Asymmetric)な弁輪拡大に対応できるようにデザインされた初めての人工弁輪

  • 弁輪のP2-3部に顕著な拡大が認められるIMR病変に最適です。
  • P2-3部を縫縮させる左右非対称のデザインの採用により、Tetheringによって拡大したP2-P3部の弁尖の接合を深くします。
  • 前尖部にはサドルシェイプを有することで大動脈基部にフィットします。
  • 心室方向に沈み込んだP3部のデザインは、Tetheringにより弁輪にかかる高いストレスを軽減します。
販売名 IMR ETlogixリング
承認番号 22100BZX00356
モデルNo. 4100M24、4100M26、4100M28、4100M30、4100M32、4100M34
サイズ 24mm、26mm、28mm、30mm、32mm、34mm

このページに記載された内容は、医療関係者の皆様への情報であり、一般の方が病状の診断・治療の際にご参考にするものではございません。ご自身の適用につきましては、必ず医師にご相談下さい。

ここからのコンテンツは、エドワーズライフサイエンス株式会社の製品やサービスに関する情報を、医療関係者の方にご提供することを目的として作成されており、一般の方への情報提供を目的としたものではありません。どうぞご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

はい いいえ

ここから先は、エドワーズライフサイエンス株式会社が運営しているホームページから離れ、 別のホームページに移動します。


はい いいえ