dcsimg

ホーム > 医療従事者の皆さま > 製品を探す > 弁膜症治療関連 > 人工弁輪 > コスグローブエドワーズ人工弁輪

コスグローブエドワーズ人工弁輪

Delos Cosgrove博士によって開発されたコスグローブエドワーズ人工弁輪は、再現性のある正確な弁輪縫縮が得られるフレキシブルな人工弁輪

  • テンプレートは弁輪縫縮中にステントとして機能するため、正確かつ再現性のある弁輪形成が可能です。また、テンプレートに人工弁輪用ハンドルを取り付けることで、より容易にインプラントすることができます。
  • 僧帽弁位に使用する場合、僧帽弁輪の後尖部に沿って、線維三角間を補強します。前尖部に糸をかける必要がない為、生体が持つ自然なサドルシェ イプの維持を可能にし、僧帽弁の括約筋的な動きを妨げることなく自己弁輪の3次元的動きに追従します。また大動脈弁に傷をつけたり、変形させたりするリス クを回避することができます。
  • 三尖弁位に使用する場合は、前尖と後尖に沿って前中隔尖交連部から後中隔尖交連部を補強するため、房室結節を損傷させるリスクを回避することができます。
  • 被覆布に使用しているポリエステルベロア布は、自己組織の増殖を促します。
販売名 コスグローブエドワーズ人工弁輪
承認番号 21100BZY00042
モデルNo. 4600G26L、4600G28L、4600G30L、4600G32L、4600G34L、4600G36L、4600G38L
サイズ 26mm、28mm、30mm、32mm、34mm、36mm、38mm

このページに記載された内容は、医療関係者の皆様への情報であり、一般の方が病状の診断・治療の際にご参考にするものではございません。ご自身の適用につきましては、必ず医師にご相談下さい。

ここからのコンテンツは、エドワーズライフサイエンス株式会社の製品やサービスに関する情報を、医療関係者の方にご提供することを目的として作成されており、一般の方への情報提供を目的としたものではありません。どうぞご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

はい いいえ

ここから先は、エドワーズライフサイエンス株式会社が運営しているホームページから離れ、 別のホームページに移動します。


はい いいえ