dcsimg

ホーム > 採用情報 > 社員の声 > CVS事業部 H.T.

エドワーズ社員の声

H.T.
CVS事業部

エドワーズに入社を決めたきっかけ

元々、ヘルスケア業界に興味があったので、エドワーズに応募しました。心臓の治療に使用する医療機器を扱っていて社会貢献度が高く、人の役に立てる仕事だと感じたため、入社を決めました。

担当業務の紹介

DSC_1345_1新卒で入社して以来、心臓血管外科向け製品の営業を担当しています。エドワーズの製品は非常に優れており、競争力がありますが、専門性の高い治療で使用されるため、製品のことだけ知っていてもお客様に提案はできません。入社当初は、先輩とお客様との会話や手術の見学でわからないことをメモしておき、後から質問したり、自分で調べたりして、徐々に知識を身につけました。先輩、上司だけでなく、お客様から教えていただくことも多かったですね。お客様に興味を持っていただけそうな分野の文献を調べて会話のきっかけにしたり、ディスカッションができるようになったのは入社3年目頃からでした。これは、自分の知識だけでなく、お客様との関係性も影響していると思います。どんなに良い製品があって、十分に説明できるだけの知識を持っていても、その話を聞いてもらえなければ意味がありませんし、お客様にとって興味のある話かどうかは相手のことを知っていなければわかりません。真面目に勉強して知識を身につけたからこそ、お客様が少しずつ色々なことを相談してくださるようになったのだと思います。

入社当初お世話になった上司の方々には「短期的な数字だけに一喜一憂してはいけない」と言われていました。入社前は営業というと数字に厳しく、毎月の成績で叱咤激励される、というイメージを持っていたので、初めてこのアドバイスをもらったときは驚きましたが、今振り返ると、長い目で見て私の成長を促してくれたことに感謝しています。しっかり勉強して知識を身につけること、お客様に信頼していただけるような関係を構築すること。まずはこの2点に注力する、というのも上司の方々のアドバイスです。営業として数字にこだわることは絶対に必要ですが、高度な専門知識を元にお客様と長期的にお付き合いしていくエドワーズのビジネスにおいては、入社時に基礎をきちんと身につけておくことも非常に大切です。今は私にも後輩がいますが、着実に成長してもらえるよう、同じようにアドバイスしています。

エドワーズの文化

仕事に対して情熱を持っている方が多く、目標に向かって一致団結して行動できる組織としてのまとまりがあると思います。その一方、それぞれの個性を尊重してくれる社風でもあります。お客様とも同僚同士も長期的に一緒に仕事をするので、自分らしく仕事をすることで、より深い信頼関係の構築もできるのかなと思います。

社員として誇りを持てるエドワーズの素晴らしいところ

DSC_1352_2優れた製品を持っていることです。もし私の両親が大動脈弁狭窄症と診断されたら、自信を持ってエドワーズの人工心臓弁を勧められます。それほど自信のある製品を提案できる仕事はなかなかないと思いますよ。
また、尊敬できる先輩や仲間たち、上司の方々が身近にいることも素晴らしい点の一つです。CVS事業部にはお客様と手技のことについてじっくりとお話ができ、より良い関係を構築している営業もいます。知識が豊富なのはもちろんのこと、一人ひとりが仕事に対して非常に誠実だと思います。例えば、次の症例についてお客様とディスカッションをしているときに、その患者さんにとっては他社の製品の方が良いかもしれない、というケースであればそれを伝えることもあります。このように、患者さん第一という姿勢を徹底しているからこそ、お客様にも深く信頼していただけるのだと思います。私自身も勉強を継続して、お客様に治療のパートナーだと思っていただけるような営業を目指しています。

リフレッシュ方法や休日の過ごし方

学生時代からバスケットボールを続けていて、週末は所属している社会人チームの練習に参加することが良いリフレッシュになっています。また、休日は英会話スクールにも通っています。会議にアメリカ本社のメンバーが参加するなど英語と触れる機会も多いため、勉強を始めました。今後も仕事とバランスをとりながら、続けていきたいと思っています。

ここからのコンテンツは、エドワーズライフサイエンス株式会社の製品やサービスに関する情報を、医療関係者の方にご提供することを目的として作成されており、一般の方への情報提供を目的としたものではありません。どうぞご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

はい いいえ

ここから先は、エドワーズライフサイエンス株式会社が運営しているホームページから離れ、 別のホームページに移動します。


はい いいえ