dcsimg

ホーム > エドワーズライフサイエンスについて > 社会的な取り組み > エドワーズライフサイエンス基金 > Every Heartbeat Matters

Every Heartbeat Matters

エドワーズライフサイエンスは世界中の人々の生活の質(QOL)向上を目指し、10年前、エドワーズライフサイエンス基金を設立しました。設立以来、当基金は数百の非営利団体に対し3,000万ドルを超える助成を行いました。

今後も、当社は社会貢献活動を通じてより多くの人々を支援し、更なる変化をもたらしたいと考えております。当社の長年蓄積された心臓弁膜症に関する専門知識や患者さんへの深い献身を、心臓弁膜症が世界的に与える負担を緩和する力に変えていき、この病気に苦しむ世界中の人々のために行動していく所存です。 そこで、当社は大きな目標を設定しました。

エドワーズライフサイエンスの社会貢献活動は2020年までに、心臓弁膜症の治療機会を十分に得られていない100万人に対し、疾患教育・スクリーニング検査・治療の支援を行うことで、この病気が世界的に与える負担に変化をもたらすことを目指します

Every Heartbeat Mattersの取り組み
エドワーズライフサイエンスは、社会貢献活動を通じて心臓弁膜症の治療機会を十分に得られていない人々を支援します。そこで、2014年から2020年までのプロジェクト「Every Heartbeat Matters」に対し、当社の助成金の半分以上を拠出する予定です。2013年に当基金は、世界中の数百団体に対し550万ドルの助成を行いました。今後も業績発展に比例して助成規模を拡大していく予定です。

Every Heartbeat Mattersのガイドラインおよび報告義務
臨床教育
疾患啓発
スクリーニング検査
治療

「治療機会を十分に得られていない人々」の定義
当社が定義する「治療機会を十分に得られていない人々」とは、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)*が定義した「健康格差を有し、心臓弁膜症に関する医学的に適切な健康管理についての認識またはアクセスが欠如している人々」を指します。

*アメリカ疾病予防センター(CDC)は、健康格差を、「社会的または経済的に不利な条件に密接に関連した健康に関する差異の一種」と定義しています。健康格差は、健康に対する大きな社会的または経済的障害を系統的に経験した人々にマイナスの影響を与えます。これらの障害は、種族もしくは民族的背景、宗教、社会経済的地位、性別、精神衛生、性的指向、または地理的な位置などの差別または排除と歴史的に関連づけられる特徴から生まれたものです。上記以外の特徴として認識の障害、知覚的または肉体的障害が含まれます。

ここからのコンテンツは、エドワーズライフサイエンス株式会社の製品やサービスに関する情報を、医療関係者の方にご提供することを目的として作成されており、一般の方への情報提供を目的としたものではありません。どうぞご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

はい いいえ

ここから先は、エドワーズライフサイエンス株式会社が運営しているホームページから離れ、 別のホームページに移動します。


はい いいえ